TOPICS

 生命科学または環境科学を専門とする講師・助教・ポスドク(若手研究者)の公募 

 

【公募期間】

 20221114日〜202315日(適任者が決まり次第、募集を締め切ります)

【応募資格】

 医歯薬学系・理学・農学系の生命科学系、環境科学系の博士号を保持されているか、取得見込み

 の方。本研究室で推進されている研究と同じ方向性で研究を推進できる方を優先的に採用させ

 いただきます。 

【応募の詳細】

 こちらのサイトをご覧ください。( JREC-INの本求人公募情報 

1.

低周波騒音に含まれるヒトの皮膚血流を改善できる音成分(sound spice®)を発見しました。(Sci Total Environ 851:158828, 2022

NU Research Information

2.

有害元素だけでなく、水に含まれる硫化水素を高効率に浄化できることを発見しました。(J Environ Manage,1;321:115861, 2022)

NU Research Information 

3.
大気汚染物質(鉛)がスギ花粉の増悪因子であることを発見しました 。(J Allergy Clin Immnol,148(1):139-147.e10, 2021) 

名古屋大学podcast (YouTube)

NU Research Information

4.
加齢に伴って白髪を発症するモデルマウスを作製し、白髪のメカニズムを発見しました。(Aging Cell, 19(11):e13273, 2020)




     1M       3M       15M       10M       20M  月齢

環境労働衛生学教室紹介:自分に最適な分野を選べる研究室

【研究者向け】 環境が病気を誘発する機構を解析する幅広い意味の「分子毒性学研究」を実践しています。分子生物学を中心に据えながら、一部疫学を含めたフィールドワーク研究も行っています。ですから、ご自身の適性に応じた研究を実行できます。下記項目に該当する研究者および研究者希望の方は気軽に、名古屋大学環境労働衛生学の加藤昌志までご連絡ください。ワクワクできる研究の世界を提供できるかもしれません。

①将来、研究者として企業(製薬・化粧品・食品等)での活躍を希望しておられる方
②将来、教育者・研究者として大学・研究所等で活躍を希望しておられる方
③将来、分子生物学の研究者として海外留学を希望しておられる方
④衛生管理者・労働衛生コンサルタントの資格取得に興味のある方
⑤WHO・厚生労働省等、国内外の医療行政での活躍を希望しておられる方

【大学院生募集】
名古屋大学環境労働衛生学では、①分子腫瘍学、②神経生理学、③皮膚・毛髪科学、④環境科学、⑤疫学といった広い分野を網羅しながらも、各分野において最先端の研究を実施しています。大学院への進学は希望しているが、専攻分野を迷っている皆様、本研究室で、研究を実際に目で見て、一部体験してから自分に最も適したやりがいのある専攻分野を決めませんか?
本研究室の大学院等に興味のある方は、年齢・性別・専門を問わず、いつでも遠慮なく御連絡ください。

【医師向け】 産業医は社会に求められる重要な職業です。遺伝子改変マウスやiPS細胞に加えてLA-ICP-MS等を用いた高度な化学分析にて環境(重金属・低周波音・紫外線等)が健康に及ぼすリスクを解析することに興味のある医師の方は気軽に、名古屋大学環境労働衛生学の加藤昌志までご連絡ください。新しい道が開けるかもしれません。

2020febfarewellparty
2020.FEB farewell party